遺産相続の範囲と継承のポイントについて

配偶者は必ず相続人となる

映画のカチンコを持つ男性クルー身内が亡くなったときには、その人が残した財産を残された人で相続しなければいけません。
そこで大切になってくるのが遺産相続ですが、このときのポイントとして誰が相続人になることができるのかをしっかりと把握しておくことが大切です。
ここで一つのポイントとなるのが、被相続人の配偶者は常に相続人になるという点です。
配偶者以外にも相続人になることができる人は次のようになっています。

認知された子どもが一番上位の相続人となる

まず優先順位が一番上なのは、亡くなった人の子供になります。
ここで実子や養子はとくに関係ありません。
亡くなった人の子供であることが基準になります。
認知されているのであれば非嫡出子や妊娠中の胎児にも相続の資格が発生します。
子供が亡くなっていると言うこともありますが、その場合には孫が相続をする形となっています。

子がいなければ直系の親族が相続します

亡くなった人に子供がいないと言うこともあります。
この場合には親が相続人になることができます。
親は実の親でも養親でも関係ありません。
親が亡くなっている場合には祖父母へと相続の権利が移動します。
子供や親や祖父母がいないと言うときには、亡くなった人の兄弟が相続人となります。
このように相続人になることができる人は民法という法律で決められています。
しかし中には相続人になることができない人もいます。

配偶者以外の婚族は相続人になれない

それは、亡くなった人と配偶者が結婚することによって親族になった方々、いわゆる婚族といわれる人たちです。
この人達は一生懸命世話をしても遺言がない限り相続人になることができません。
また血族であっても父親が認知していないと言うことになればその子供は相続人になることができません。
遺産相続で大切なことは、このように誰が相続をすることができるのかをまずはっきりとさせることから始めます。