遺産相続手続きと遺言書の検認作業について

遺言書があれば相続で揉める必要が無くなる

映画撮影用のカメラ機材故人が生前に遺言状を作成していると言うこともあります。
この遺言状があれば遺産相続に関しては手続きがスムーズに進められます。
それはなぜなのかというと、遺産分割に関して相続人の間で話し合いをする必要がないからです。
しかし遺言書の取り扱いには注意を払う必要があります。

遺言書の取り扱いには注意が必要

残された家族が家の中で遺言状を発見すると言うことがありますが、このときにはすぐに開けないようにします。
ここではまず家庭裁判所に提出をして検認をしてもらう必要があるからです。
遺言書は決められた書式で作成をしなければ有効なものとはなりません。
したがって検認作業が必要になります。
検認の手続きは次のようになっています。

遺言書の検認作業と真偽の判定

まず遺言書と一緒に遺言書を作成した人の出生から死亡までのすべての戸籍を提出する必要があります。
また家庭裁判所に申し立てを行った後に、基本的には1ヶ月から2ヶ月程度の期間が必要になることを頭に入れておきます。
そして相続人が立ち会って遺言書の状況を確認します。
この検認作業はなぜ行われるのかというと、遺言状の偽造や変造を防ぐためです。
遺言の有効や無効を判断する手続きではありません。
しかし公正証書遺言の場合にはこの検認作業は行わなくても良いこととなっています。
すぐに遺産相続の手続きを開始することができます。

相続に関わる費用と手続き方法

相続の手続きを行うときには、必要書類を取得しそのための費用が発生します。
しかし戸籍などは郵送でも請求することができます。
遠方に住んでいるという人は郵送での請求をすると便利です。
相続に関しては手続きが複雑で面倒と感じている人もいます。
わからないことがあれば法律の専門家、遺産相続弁護士に相談をすることで、的確な方法を導き出してくれるので安心です。