トラブルを回避する方法と遺言書の書き方

トラブル回避が遺言書を書く理由

正しく遺言書を用意しておくことで、遺産相続の時のトラブルを回避できます。適切な書き方を知っておくこと、法律上で有効なものをかけるかどうかによって、自分の子供や孫たちがしなくていいトラブルを引き起こさなくて済むのです。

遺言書の種類

自筆証書遺言

一般的に自分だけで書くタイプのものを自筆証書遺言といわれています。遺言を書く方が直接日時や氏名を書いて、さらに捺印をしておくことで有効となるものです。もちろん手軽で費用も掛かりませんし、全くないよりも便利です。ただし問題があって、亡くなる前に捏造される恐れもあるため、家庭裁判所で筆跡鑑定などをしなければいけないことになっています。そのため、自筆で書く場合には遺産相続に時間がかかることを知っておきましょう。

公正証書遺言

第二に、公正証書遺言というものがあります。公証役場に出かけて2人以上の証人の下で書くことになるため、家庭裁判所のチェックが必要ありません。また、公証人が作ることになるので、自分で書かなくてもいい部分が多いといわれています。作られた遺言書は公証役場で保管されるため、手元に残したものを亡くしてしまっても再び発行してもらえるのが便利です。
ただし、作るときには証人が必要なこと、公証役場で作る際の費用がかかることです。とはいえども、安全性と信頼性の高い遺言としては最良のものとして、多くの弁護士などにお勧めされています。

秘密証書遺言

第三の選択肢として秘密証書遺言があります。こちらも公正証書遺言のように費用がかかることもありますし、公証役場に持参する必要がありますので、もちこむ前に証人と遺言を自分でしたためてから出かける必要があるといわれているのです。適切に選択肢を利用しておくことで、子々孫々のトラブル回避につながります。